<% h1text}

MENU

青汁は赤ちゃんでも大丈夫?何才からなら飲ませられる?

青汁は赤ちゃんが飲んでも大丈夫なものなのか?

基本的には青汁って単なる「葉っぱ」を乾燥&粉砕したものなので、離乳食に入ったら赤ちゃんでも飲ませても大丈夫です。

ただし、赤ちゃんは大人と比べて耐性が弱いので無農薬栽培・無化学肥料で栽培された野菜で食品添加物を極力使用していない青汁を選んだ方が安心でしょう。

あと、入っている成分によっては赤ちゃんにあまり飲ませない方が良い成分というものもあります。

赤ちゃんが食べない方が良い成分が入った青汁に注意

例えばファンケルの冷凍青汁などに入っている「ツイントース」は3歳くらいまでは摂取させない方が良いといわれています。
また、「はちみつ」は乳児ボツリヌス症を避けるため1歳過ぎるまでは避けた方が良いとされています。よってキューサイのはちみつ青汁は1歳未満の赤ちゃんには避けた方がよいでしょう。

あと青汁に限らずですが、入っている成分にアレルギーがあるかどうかは注意が必要です。
そういう意味でも添加物が入っていないシンプルな原材料の青汁が良いでしょう。

赤ちゃんに飲ませるのにオススメの青汁

おすすめは神仙桑抹茶ゴールドです。

なぜオススメかというと、神仙桑抹茶ゴールドは無農薬栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」の3種類のみの原材料しか使っておらず、外部機関での残留農薬チェックも認定を受けているからです。

食品添加物を使っておらず、農薬汚染もされていないので安心して赤ちゃんにも飲ませられます。

当然赤ちゃんだけでなく、母親の健康維持でも神仙桑抹茶ゴールドはよいです。

そして何より味が超おいしいので、不味い青汁を我慢して飲む必要がないのがいいです。