<% h1text}

MENU

青汁1杯でどのくらいの野菜が補えるの?

野菜不足を補うために青汁を飲もうかと思っています。ふと疑問に思ったのですが、青汁1杯でどのくらいの野菜に相当するのでしょうか?

青汁を飲む目的は人それぞれですが、主に野菜不足を補うために飲みたいという方が多いですね。

それでは青汁を1杯飲むと、どのくらいの野菜に相当する栄養素を摂れるのか?

製品によって使っている原料が異なるので一概に1杯で野菜○g分相当と言い切れないのですが、販売ページに表記されている栄養素の量を見る限り、平均的には1袋3g程度の粉末青汁で50〜100g弱程度の野菜に相当する栄養素が摂れます。

参考)
キューサイのはちみつ青汁:1杯分で生野菜70g相当
ファンケルの青汁:1杯分で野菜約40g相当

青汁の販売サイトによっては野菜○g分に相当!とちゃんと書いてくれているものもありますが、カルシウムだと何々何個分、ビタミンEが何とかの何個分という表記も多いので正直分かりにくいです。

1日に必要な量は350g。そして不足分は・・・

私たちが1日に必要とされている野菜摂取量は厚生労働省によると350gです。

そして20代の平均野菜摂取量が厚生労働省調査によると240g程度、40代で270g程度とのこと。

よって不足しているのが約100g程度なので、毎日青汁を2〜3杯飲むことで足りない分を概ね補えると考えてよい計算となります。

ただし全く野菜を食べられないという偏食の方も時々いらっしゃいます。

そういう方の場合は青汁だけでなく、マルチビタミンなども併用しないと栄養不足になるかもしれません。

いずれにしても、青汁やサプリメントだけで100%野菜の代わりになるわけではないので、通常の食事で野菜は食べれるだけ食べた上で不足分を青汁で補うという考え方が健康のためには大事です。

野菜不足を最も補えるのは?

傾向としてはケールを使った青汁が最も栄養価が高く、次いで桑の葉、明日葉、大麦若葉の順です。

栄養価だけを考慮するならケールを使った青汁が良いのですが、不味いんですよね。どれもこれも。

味と栄養価のバランスを考えると桑の葉を使った神仙桑抹茶ゴールドがおすすめです。こちらは非常においしいので。