<% h1text}

MENU

工夫すれば飲みやすくなる青汁

健康の為に飲み始める

野菜不足を感じていた私は、食事に野菜を沢山取り入れようと思いました。 ただ料理のレパートリーが少ないのもありますが、上手に野菜を摂る量を増やせません。 そこでもっと手軽にと青汁を飲む事にしました。 ただ、さすがに苦くそれほど沢山は飲めません。 また大量に購入しましたが、これを全て飲み干せるかどうか不安になってしまいました。 これではいけない、せっかくの物を無駄にしてしまうと思った私はおいしく飲める工夫をする事にしました。

牛乳を混ぜてみる

青汁の気になる点と言ったら、まずはあの苦みです。 苦くなければそれほどにおい等も私は気にならず、平気で飲めると思っていました。 そこでまずは牛乳を一緒に混ぜてみる事にしました。 牛乳なら苦みを軽減してくれると思ったからです。 そこで私は4.2、3.6、低脂肪の3種類を用意し、それぞれ飲んでみる事にしました。 個人的な感想を言えば、やはり濃い牛乳の方が苦みが軽減される気がします。

豆乳で割ってみる

牛乳がおいしいなら、豆乳でも良いのではないかと思った私は、豆乳で割ってみる事にしました。 実際に飲んでみると、苦みはそれほど強くありませんが何か物足りません。 そこでまずははちみつを入れてみる事にしました。 甘くなるとまた違った味を楽しめると思ったからです。 少し甘味がある方がよりおいしく飲む事ができました。

リンゴジュースはどうだろうか

沖縄でゴーやジュースを飲んだ時、苦みを軽減する為にお店の人がリンゴジュースを入れてくれました。 苦かったゴーやジュースがかなり飲みやすくなったのを思い出した私は、青汁でも効果があるのではないかと思い、試してみる事にしました。 実際に試した結果は、予想通りでした。 苦みは軽減され、とても飲みやすくなっていました。 甘味も既にあるので砂糖とかはちみつとかを足す必要もなく、おいしく飲む事ができて良かったです。

そのままで飲めなくても

個人的に、青汁はそのままで飲めなくてもいいのではないかと思っています。 私の場合は牛乳かリンゴジュースで割る事が多く、そうして飲む事で今でも飲み続けられていると言っても良いでしょう。 ちなみに、リンゴジュースに関しては、ビタミンCも一緒に摂る事ができるからでしょうか、肌がすごくきれいになっていきました。 特に髪の生え際とか、ほほの真ん中、首のあたりに出来ていた吹き出物が消えた気がします。 カロリーの事とかを考えるとそのまま飲めるのがベストだとも思いますが、私は色々な物で割ってアレンジをしながら飲み続けていきたいと思っています。