<% h1text}

MENU

青汁をお料理に使っています

最初は家には必要ないと思っていました

今、私は青汁を食事に取り入れて子供達にも無理なく摂取出来るようにしています。 野菜をあまり食べたがらないので、せめてこれだけでもと言う気持ちで工夫しています。 でも、数年前までは青汁なんてと言う思いが強く、その印象は不健康な人が我慢して飲むとても美味しくない薬の様な物だと思っていました。 その時は子供達も野菜をしっかり食べていましたので、子供に与えようだなんてみじんも感じていませんでした。

意識したきっかけは

そんな私が青汁を取り入れてみようかなと思ったのは、お友達の話を聞いたからでした。 その人は、不摂生な大人用に購入したらしいのですが、そのまま飲むことに飽きてきたと言い、カレーに混ぜてみたと言っていました。 そうすると子供ですらも平気で食べると。 その友人はとても健康意識が強く、話を聞いていると家の家族も大丈夫ではないような気がしてきました。 子供達はともかく、主人はお酒と肉・魚ばかりを食べ心配だったのでその方法なら大丈夫かもと思いました。

最初は小箱からお試し

家も取り入れてみようと思って、初めて青汁を購入した時、ドラッグストアで種類が多くてとても迷いました。 その中で選んだのは小箱で販売している物です、まずはお試しですね。 早速自分で飲んでみましたが、そのままはやはり青臭かったです。 なのでお友達から聞いていたようにカレーに投入しました。 私も無理なく食べられましたし、子供や主人は入っていることにすら気づいていませんでした。 これは良いかもと思ったのはこの時です。

健康意識が強くなり継続

自分でも興味が出て、色々な青汁を調べてみた結果、健康以外にも美容にも良いと知り、積極的に取り入れるようになりました。 通信販売で取り寄せたりもしたりして、家族よりも自分用に探していた時期もありました。 美容の為に続けていきたいと思う商品にも出会えました。 自分用に購入したものは牛乳や豆乳、野菜ジュースに混ぜて飲んでいましたが、しかし、やはりそのままは無理だったんですよね。 青臭いのもそうなんですが、私はより粉っぽさが気になってしまい、続けられないでいました。 その時はお料理に使うといってもカレー位のものであまり工夫していなかったんです。

今ではパンも緑色

今の家での活用法はご飯からおやつまで幅広いです。 カレーにはもちろんの事、おやつにも取り入れています。 粉ものにか必ず入っているといってもいいでしょう。 例えばドーナツやクレープ、クッキー、お好み焼きやスムージーなど皆でそれとなく取り入れるようにしています。 パンに至っては我が家のパンは、うっすら緑なのが普通です。 どれだけ健康に良くても、以前よりは飲みやすくなったといっても、続けられないと意味がないと思います。 今は粉末状の物が多いので色んなお料理に入れて工夫すればどんな人でも摂取する事が出来ると思いますよ。