<% h1text}

MENU

野菜は1日にどのくらい食べないといけないの?

野菜1日分(350g)
厚生労働省で推奨している1日の野菜摂取量の目安は350gです。

生野菜ですと手のひら一杯分が100gちょっとになるので、3食毎食手のひら一杯分の野菜を食べれば不足はないということになります。

普段から野菜を意識して食べている方であれば、350gというのはそんなに難しい量ではありません。

特にキノコ類やトマトなどを毎日食べるようにすれば、キャベツ・レタス・小松菜・ほうれん草などの葉物を大量にむしゃむしゃ食べなくても350gには足りますので決して無理な量ではありません。

野菜不足が問題になるのは1人暮らしの方や、家で料理をしない方です。

外食やお弁当の場合には非常に少量の野菜しか入っていないということの方が多いですから、意識して野菜を摂るようにしないと不足しがちになるので注意が必要です。

野菜不足になっている方の食生活は一般的に高カロリーなものを好んで食べている傾向にありますから、野菜不足解消のために野菜ジュースを飲むのは肥満を助長する要因ともなりますのであまり適していません。

野菜ジュースよりも青汁の方が圧倒的に低カロリーですし、青汁を食前に飲むようにすると、糖分の吸収を抑えることもできますので野菜不足も気になるし、内臓脂肪やお腹周りの脂肪が気になるという方であれば青汁で補うのがおすすめです。