<% h1text}

MENU

大麦若葉を主原料とした青汁の特徴

青汁というと昔は不味くて罰ゲームに使われるほどでしたが、大麦若葉を使った青汁の登場により状況は一変しました。

従来の青汁が不味かったのは主原料「ケール」の独特な味と青臭さに原因で、大麦若葉はケールに比べてクセが無く食事にも合う味ということで、近年「おいしい青汁」として売り出されている青汁の多くが大麦若葉を主原料としています。

大麦若葉は、栄養価の面でもケールに負けず劣らず大変優れています。

β-カロテンをはじめとして、ビタミンB1、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの体内で作りだすことのできない貴重なミネラル成分を豊富に含んでいるのが特徴です。

これらビタミンやミネラル成分は、私たちが健やかでいるために欠かせない成分ですが、近年の野菜不足の食習慣により不足しがちな成分です。大麦若葉を主原料とした青汁によりこれらの成分をお手軽に摂取できるようになりました。

野菜不足はお肌のターンオーバーを乱れさせる要因にもなりますので、女性でも美容のために青汁を飲まれる方もいらっしゃります。

大麦若葉を使った青汁は当サイトでもおいしい青汁ランキング上位のもので多く使われており、抹茶などをブレンドすることによりさらに飲みやすい風味にしたものが増えていますので、味を重視される方は大麦若葉が主原料の青汁を選ばれると良いでしょう。