<% h1text}

MENU

明日葉を使った青汁の特徴

青汁に使われる原料としてはケールと大麦若葉が2大成分といえますが、明日葉(あしたば)も最近よく使われるようになりました。

明日葉はケールや大麦若葉と同様にβカロテンやビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、栄養価が非常に高い野菜です。

特に明日葉特有の成分である「カルコン」という成分が注目されています。

カルコンはいわゆるポリフェノールの一種で、明日葉の根や茎から抽出される黄色のエキスに含まれており非常に抗菌作用の強い成分として注目されています。

ポリフェノールはご存じの通り、若々しい体を維持したい方に人気の成分です。

カルコンは胃にもやさしいため、ストレスにさらされた現代人に適した健康成分といえそうです。

味についても、大麦若葉と同様にケールのような青臭さが強くないため、青汁にしたときにもクセが少ないため飲みやすい青汁になる傾向があります。

カルコンの研究が進めば将来的には明日葉を使う青汁がメインストリームとなる可能性は十分ありそうです。

明日葉の青汁で酷いむくみが多少良くなったかも

 

立ち仕事と冷えで毎日足がパンパン


私はアパレルショップに勤めていて、毎日8時間ほど立ち仕事をこなしています。
そのせいか、足が毎日パンパンで、ひどく太く見えるんです。
しかも、冬場でも薄着に半袖の服で接客したり、夏場は冷房が寒いくらいのショッピングモールの中で働いているので、冷えも気になります。
体の冷えも影響して、むくみを悪化しているらしいのです。

 

憧れの店長の元気とキレイの秘密は青汁だった


同じ悩みを抱えている子は多いのですが、唯一ひとりだけ、常にアグレッシブでスタイルもよく元気な女性がいました。
それは我らが憧れの店長なんです。
25歳の私に対し、店長はもう30歳だというのに、お肌もツヤツヤで疲れ知らず、むくみも気にしている様子がありません。
そんな時、ふと休憩スペースで店長がコップで何か混ぜているのを見ました。
恐る恐る尋ねてみたら、青汁を飲んでいるというではありませんか。

 

明日葉がむくみにいいらしい


店長も昔は、むくみや冷えに悩んでいたそうです。
ですが、明日葉の青汁を飲むようになって改善されたとのこと。
いつも頑張っているご褒美と、なんと1セット私にプレゼントしてくれたんです。
青汁は不味いからと思っていましたが、明日葉ならお浸しや天ぷらで食べたことがあるので、いけそうと思い始めてみました。
大麦若葉なども入っており、味は抹茶テイストで特に問題はありません。
なんでも明日葉は、体内の余分な水分を排出するカリウムが含まれ、利尿作用が高いといわれるキュウリの3倍近いといいます。

 

ケールより優れたところも


青汁といえば、不味いで有名なケールが有名です。
ケールは野菜の王様とも呼ばれていますが、実は明日葉は負けてはいません。
ビタミンやカロチン、カリウムや鉄、食物繊維にいたっては、明日葉のほうが多いほどなんです。
そのおかげか、体の巡りがよくなってきて、尿もしっかり出るうえ、便秘になることも今はほとんんどありません。
体も何となくポッポッとしている感じがして、代謝がよくなってきた気がします。
そのせいか、靴のサイズが0.5センチダウンしてしまったんです。
足のむくみがとれたせいですね。