<% h1text}

MENU

桑の葉が主原料の青汁

食事の偏り

私は胃腸があまり丈夫ではないので、夕食を食べすぎたり油ものをちょっと多く摂ると翌朝はてきめんに体に不調となって現れます。 仕事の関係でどうしても夜遅い時間に夕食をとることになり、いつもメニューに悩んでいました。 極力、体に優しい野菜類を食べるようには心がけていたのですが、疲れて帰ってくると野菜を洗ったり切ったりの下ごしらえがとても面倒なのです。 もっとらくに野菜の成分を取り入れる方法はないものかと常々考えていました。

サプリメントも考えたが

ビタミンやミネラルといった微量栄養素のサプリメントを摂るのも選択肢の一つとして検討しました。 最近は健康ブームに乗って実にさまざまなビタミンサプリが出回っており、まさに星の数ほどといっても過言ではありません。 その中から自分に合うサプリメントを見つけ出すのはとても困難な作業に思えて、結局購入には至りませんでした。 それに、できれば合成の栄養素ではなく自然の素材で作られたものを選びたいと考えたわけです。

青汁は自然の恵み

そんな時に職場の同僚から青汁の話を聞きました。 彼女は時々、ランチのお弁当のお供に青汁を持参していたのです。 見せてもらうとスティック状のパッケージに入っていて、ミネラルウォーターのボトルに混ぜるとサッと溶けていました。 試しに飲ませてもらったのですが、思った以上に飲みやすくて私がそれまで持っていたまずいイメージが見事に覆されたのです。 その製品の原料は桑の葉がメインになったものでした。 すべて天然の原材料で作られており、余計な添加物は入っていません。 価格も割とリーズナブルな設定でこれなら無理なく続けられそうだと思ったのです。

まずはトライアル

同僚から、いきなり本製品を買わずにまずはトライアルでしばらく飲んでみてはという提案がありました。 青汁の種類はたくさんあるのでいろいろ試した方が自分の好みが分かって継続しやすいと言うのです。 なるほど、桑の葉以外にも明日葉やケール、大麦若葉などさまざまな製品がありますからね。 さっそく半月分のトライアル商品を購入して、同時期に他のメーカーの試供品も3種類ほど送ってもらいました。

私の好みは桑の葉

全部で4種類の青汁を試してみましたが、結局私も桑の葉が一番しっくりきたので本製品を定期購入することにしたのです。 おもに朝食時に水に溶かして飲んでいますが、夕食が遅い時間になった時にもなるべく飲むようにしています。 その分、炭水化物や脂肪分を少し減らしているうちに体重がベストな範囲に近づいてきました。 胃腸の調子もだんだん良くなり、むかつきが起こらなくなったのもきっと青汁のおかげだと思っています。