<% h1text}

MENU

野菜に負けないマテ茶青汁の栄養価

マテ茶青汁は、南米が原産のマテの葉をベースに、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化させるオリゴ糖を加えたものです。

野菜不足の方に特にオススメの青汁です。

私たちがコーヒーやお茶を飲むのと同様に、マテ茶も南米では嗜好品として親しまれています。

マテの葉には、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、野菜の栽培が困難で肉食中心の環境にある南米の人たちに
とって、貴重な栄養源にもなっています。
このことから、”飲むサラダ”とも言われています。

飲むサラダと言われているだけに、マテ茶青汁には野菜にも負けない高い栄養素が含まれています。

私たちが体内で作り出すことのできない成分である鉄分、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルや、β-カロチン、ビタミンB、これらの野菜に含まれている栄養素が、それぞれ野菜を上回る勢いで、マテ茶青汁には豊富に含まれています。

飲むサラダ、マテ茶青汁を毎日の食生活に取り入れ、不足しがちな栄養素を補うことで、健康的な生活を送ることができます。