<% h1text}

MENU

神仙桑抹茶ゴールド (しんせんくわまっちゃゴールド)

神仙桑抹茶ゴールドの商品写真
  1. お茶屋さんが作っただけあって美味しいお茶の風味で飲みやすい
  2. 1袋あたりの価格が100円を切るコスパの良さ
  3. 初回限定で+10袋、青汁シェーカーなど特典付き
  4. 残留農薬ゼロの証明を受けているから安心
  5. 全額返金保証付きの自信

神仙桑抹茶ゴールドを飲んでみた感想

神仙桑抹茶ゴールドの商品セット

神仙桑抹茶ゴールドはシェーカーの他、お試し用の10包と、歩数計、お腹周り計測用のメジャーなどがオマケで付いてきます。 歩数計とかメジャーは別にいらないですけど、お試し用の10包とシェーカーはありがたいですね。 製品の60包+お試し10包で70包分とお得です。

味はどう?

神仙桑抹茶ゴールドを作って飲んでみた

特徴としては、1杯分の量が多いことです。
他の青汁は100mLのお水に溶かすものが多いですが、神仙桑抹茶ゴールドは200〜250mLくらいのお水で作るのでコップ1杯分くらいの量になります。

食事のときにお茶代わりとして飲む場合は、100mLだとすぐなくなっちゃうので、200mL作れるのはよいです。でもそれは美味しく飲める味であれば、ということ。不味かった多い程地獄ですからねぇ。

気になるお味は、青汁の味とはいえないほど、おいしいお茶の味です。

冷たいお茶を飲める人なら、誰でも神仙桑抹茶ゴールドは飲めると思います。そのくらい青汁であることを感じさせません。

おそらく、青汁のなかでも一番飲む人を選ばずおいしく感じる味だと思います。賛否両論というタイプの味ではなく、「凄くおいしい」か「まあまあおいしい」という評価にしかならないんじゃないかな。それくらいクセなど全くない普通にお茶の代わりに飲めるお味です。

他の青汁とかなり違う独自路線を走っています^^

神仙桑抹茶ゴールドは他社の青汁とはかなり趣が異なります。まず青汁で一般的に使われる「ケール」や「大麦若葉」「明日葉」を使っていません。

原材料は自社農園で栽培された桑の葉、緑茶、シモンの3種類のみというシンプルな配合。これを独自の抹茶製法で粉末化しています。余計な成分が入っていないので、アレルギーのリスクも低いですし、それぞれの成分は分析研究機関”Dr. Specht & Partner“ による分析で残留農薬ゼロの証明を受けているので非常に安心して飲める青汁です。

桑の葉はケールや大麦若葉、明日葉と比べてもかなり飲みやすい風味なので、どの青汁も飲めないという方は一度試してみると良いでしょう。お茶屋さんが作っただけあって、限りなくお茶に近い味、風味なので飲みやすいです。

栄養価の面でもケールや大麦若葉を使った青汁と遜色なく、カルシウムなどはケールよりも栄養価が高いので野菜不足を補うのにはもってこいです。

神仙桑抹茶ゴールトの糖質と添加物について

神仙桑抹茶ゴールトの栄養成分表によると、100gあたり以下の表示となっています。

エネルギー350kcal
たんぱく質21.3g
脂質8.7g
糖質17.1g
食物繊維37.9g
ナトリウム52.1mg

これを1袋(3g)に換算すると、糖質0.51gとなり、糖質制限を行っている方や糖尿病の方でも血糖値をほぼ上げずに飲むことができます。

また、食品添加物も一切使われていません。

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドの成分や価格

項目 説明
通常価格 60袋入り 5,985円
90袋入り 8,400円

送料は地域によって300円〜600円
定期コース価格 60袋入り 5,685円
90袋入り 7,560円

定期コースは送料無料
但し最低6回の継続しばり有り。
内容量 神仙桑抹茶ゴールド60 1箱3g×60袋
神仙桑抹茶ゴールド90 1箱3g×90袋
原材料 自社農園で無農薬栽培された「桑葉」、「緑茶」、「シモン(葉、茎)」
栄養成分(1袋3gあたり) エネルギー10.5kcal / たんぱく質0.64mg / 脂質 0.26g / 糖質0.51g / 食物繊維1.14g / ナトリウム1.56mg
キャンペーン情報 初回購入時に以下の特典有り。
・10袋分プラスプレゼント
・おへそまわりメジャー
・らくらく歩数計
・健康ダイヤリー
・青汁シェイカー
こんな方 に特におすすめです
ケールや大麦若葉の独特の風味が苦手な方
残留農薬のない安心して飲める青汁をお探しの方
食事のときにお茶代わりに飲める青汁をお探しの方
糖質制限を行われている方
添加物が入っていない青汁をお探しの方
食生活が不規則で野菜不足を補いたい方
神仙桑抹茶ゴールド
公式サイトはこちらをクリック  

「神仙桑抹茶ゴールドの評価【味はおいしい?】」について

神仙桑抹茶ゴールドが他の青汁と違うポイントは原材料が全く違うということです。

青汁に使われる原材料というと、ケール、大麦若葉、明日葉の3種類+飲みやすくするために抹茶などをブレンドというのが定番ですが、神仙桑抹茶ゴールドは「桑の葉」と「緑茶」、「シモン」の3種類のみ葉・茎を使っています。

青汁特有の臭みや風味はケールや大麦若葉によるものなので、それらを使っていないため非常に飲みやすく、極めてお茶に近い味になっています。これなら誰でもおいしく飲めるのではないでしょうか。

1箱5,985円と一見割高に見えますが、これは60袋入っているからです。30袋あたりですと3,000円を切るお値段となっており、むしろ他社の青汁よりも安いといえます。

栄養価についても申し分なく、カルシウムはケールの約9倍、食物繊維はレタスの34倍、カリウムはゴーヤの約6倍と野菜不足を補うのに最適な栄養価です。